関東・水と緑のネットワーク

トップページ > 2018年の情報

●応募受付は終了しました

第10回の応募受付は終了しました。
『関東・水と緑のネットワーク』
   〜将来に残したい 美しい自然・風景・人のつながり〜 

  応募締切:平成30年6月29日(金)必着
  結果通知:平成30年8月中旬頃(予定)
        ※全応募者に選定結果を書面で通知します

--- 応募要件 -------------------------------------------------------------

対象地域: 関東地域1都7県
    (茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)

対象とする取組: 
     @ 関東地域の水辺と緑地のネットワークの拠点となる身近な水辺や緑地、雑木林、
      草地、池沼などを保全・再生する取組    
      ※面積や土地の所有状況(公有地、私有地)は問いません。     
     A 同じ市町村内、同じ流域の市民団体、学校、企業、自治体などと連携して、水辺
      や緑地のつながりを保全・再生する取組
      

実施主体: ・ 市民活動団体(法人格の有無・種類は問いません)
      ・ 教育機関
       (保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校など)
      ・ 企業
      ・ 地方自治体 など
    

--- 支援内容 -------------------------------------------------------------

応募要件を満たす取り組みに対して1件あたり上限30万円を目安に助成を行います。
 ※応募団体の運営に係る経費は対象外です。
  (人件費や事務所賃貸料、備品購入費、パソコン・デジタルカメラなど汎用性が高い物品
   の購入費など)
 ※講演会や勉強会などの講師謝金、植生管理作業など外部委託(短期に限る)等の費用は
  対象とします。
  〔支援例〕
  ・自然体験活動に使用する物品購入費
  ・パンフレット等の広報資料の作成費
  ・講演会の講師謝礼
  ・立ち入り防止杭の設置・補修費
  ・現状に適した植生管理の技術指導
  ・雑木林の維持管理手法の技術指導
  ・拠点の利活用についての情報提供
  ・講演会の講師謝礼
  ・植生管理作業(樹木の伐採等)の外部委託費
  ・複数団体の共催による勉強会開催経費
  ・広報資料の活用策についての助言
  ・団体間での交流促進方策についての助言
  ・外来生物駆除等の技術指導


--- 評価の観点 -------------------------------------------------------------

 以下の観点を満たす活動を支援します。

●今ある自然の質を高める活動を行っている。
 (生物の多様性を維持・回復する活動)
●周辺の自然とのつながりを保全・再生する活動を行っている。
●年間計画を立てるなど、計画的に活動を進めている。
●地域の市民団体、行政や企業、学校など他の主体と共同して活動を行っている。


--- 応募書類 -------------------------------------------------------------
 所定の様式で応募書類を作成し郵送でご応募ください。

■応募様式
次の応募用紙(エクセルファイル)をダウンロードして、応募書類を作成してください。
*「応募の手引き」を、応募前に必ずお読みください。
*書式の郵送を希望される方は、宛先を明記した角型2号(A4版)の返信用封筒と140円分の切手を同封し、 下記お問い合わせ先までお送りください。折り返し必要書類をお送りします。

第10回要項 応募の手引き 応募用紙

募集要項

応募の手引き

応募用紙







 <お問い合わせ先>
 公益財団法人 日本生態系協会 内
 「関東・水と緑のネットワーク」係
 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
  tel.03-5951-0244  fax.03-5951-2974(代表)
  100select (at) ecosys.or.jp
    ※ (at) は @ に、ドット(.)は半角(.)に置き換えて下さい.
  http://www.ecosys.or.jp/100select/

主催: 一般社団法人 関東地域づくり協会 / 公益財団法人 日本生態系協会