関東・水と緑のネットワーク

トップページ > 2017年の情報

●平成29年9月2日(土)
「関東・水と緑のネットワーク」平成29年度 交流会を開催します。

  

○日 時:2017年9月2日(土) 9:30〜15:30
○プログラム
 9:00〜 開場・受付
 9:30−12:20 開会
         【第1部】現地見学会(少雨決行)
             場所:学校法人自由学園南沢キャンパス内立野川崖線および立野川源流
 13:00−15:30 【第2部】交流会
             平成29年度の選定団体への選定証授与式
             三島次郎氏(桜美林大学名誉教授)による基調講演
             選定団体による活動紹介
             意見交換会
○定 員:30名(先着順、要事前申込)※定員になり次第、締め切ります。
※午前の部は「関東・水と緑のネットワーク」の選定団体の方対象ですが、午後の部は一般の方も参加可能です。
○参加費:無料
○持ち物:筆記用具、雨具、飲み物
※午前から参加される方は昼食をご持参ください。
○主 催:(一社)関東地域づくり協会、(公財)日本生態系協会
○共 催:向山緑地・立野川勉強会、学校法人自由学園 環境文化創造センター
○後 援:東久留米市(予定)
○申込方法:電話(03-5951-0244)、FAX(03-5951-2974)、メール(100select@ecosys.or.jp
      のいずれかの方法で次の内容をご連絡ください。
       本文にお名前(ふりがな)、ご所属先、ご連絡先(電話番号・メール)を記載の上、
      8月31日(木)までにお申し込みください。
○会 場:学校法人自由学園 南沢キャンパス
     最高学部棟1階 食堂
     (東京都東久留米市学園町1-8-15)

※駐車場がございませんので公共の交通機関をご利用ください。

第9回要項

交流会チラシ





●応募受付は終了しました

第9回の応募受付は終了しました。
『関東・水と緑のネットワーク』
   〜将来に残したい 美しい自然・風景・人のつながり〜 

  応募締切:平成29年6月30日(金)必着
  結果通知:平成29年8月中旬頃(予定)
        ※全応募者に選定結果を書面で通知します

--- 募集対象 -------------------------------------------------------------

地域: 関東地域1都7県
    (茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)

場所: 関東地域の水と緑のネットワークの形成につながる身近な自然環境
     ・ 河川敷や公園、雑木林、学校の校庭、企業の敷地内の草地や樹林などを広く
      対象とします。
     ・ 面積の大小や土地の所有者(公有地、民有地)の別などは問いません。
      ※ただし、その場所が自然環境の保全・再生に貢献していること、一定の公共性を有する公開が行われていることが求められます。(希少種の保護などを目的として、立ち入り制限をしている場合などはこの限りではありません。)

実施主体: ・ 市民活動団体(法人格の有無・種類は問いません)
      ・ 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校など教育機関
      ・ 企業、団体
      ・ 地方自治体
      ・ 個人   など






--- 選定地に対する支援内容 -------------------------------------------------------------

(1)物理的支援
 水と緑のネットワーク拠点としての質を向上させる取り組みに対する金銭的支援です。
 *支援額の目安は上限20万円です。

 ※団体の運営に係る経費(事務所賃貸料、備品購入費など)は対象外です。
 ※パソコン、デジタルカメラなどの汎用性が高い物品購入費は対象外です。
 ※人件費は支援対象外です。ただし講演会、勉強会などの講師への謝金、植生管理作業などの外部委託(短期に限る)等は対象とします。申請する場合は、依頼先(講師名、委託団体名など)と予定する内容を明記してください。また謝金等と交通費を分けて記載してください。

  〔支援例〕
  ・自然体験活動に使用する物品購入費
  ・パンフレット、報告書作成費
  ・講演会(勉強会)の講師謝礼
  ・出前講座に使用する機材、教材、資料印刷
  ・連携を計画している団体や地域への視察費用


(2)技術的支援
 選定地の環境に適した保全管理方針や日常的な維持管理手法、周辺の多様な主体との連携方策について、アドバイスや情報提供をします。
 ※活動場所の現状・課題と目標を含めて、希望する支援内容を具体的に記載してください。

  〔支援例〕
  ・現状に適した植生管理の技術指導
  ・維持管理手法、外来生物駆除等の技術指導
  ・拠点の利活用について情報提供
  ・広報資料の活用策についてアドバイス
  ・団体間での交流促進方策について


●近隣の学校、市民団体等と連携した取り組みや周辺の自然地(ビオトープ)との連結を促進する取組を特に支援します。
●その他、ウェブサイトでの選定地および活動内容の紹介など、全選定団体を対象に普及・広報などの支援を実施します。






--- 評価観点 -------------------------------------------------------------

 その場所の自然環境保全上の意義、活動内容、水と緑のネットワーク形成への貢献に基づき
 選定します。


●自然環境保全上の意義
 ・自然や景観の質
 ・ネットワーク拠点としての重要性
 ・周辺環境との連続性、調和
 ・その他公益的な意義など

●活動内容
 ・保全管理の方針、活動の持続可能性
 ・実施計画の具体性、実現可能性
 ・学習の場としての活用状況
 ・先進性・話題性など

●水と緑のネットワーク形成への貢献
 ・地域や行政との連携体制
 ・活動地周辺の住民や学校への働きかけ、交流

※今後新たに取り組む構想や計画づくりについても積極的にご応募ください。





--- 応募書類 -------------------------------------------------------------
※応募受付は終了しました。

 所定の様式で応募書類を作成し郵送でご応募ください。

■応募様式
次の応募用紙(エクセルファイル)をダウンロードして、応募書類を作成してください。
*「応募に関する注意事項(応募の手引き)」を、応募前に必ずお読みください。
*書式の郵送を希望される方は、宛先を明記した角型2号(A4版)の返信用封筒と140円分の切手を同封し、 下記お問い合わせ先までお送りください。折り返し必要書類をお送りします。

第9回要項 応募の手引き 応募用紙

募集要項

応募の手引き

応募用紙







 <お問い合わせ先>
 公益財団法人 日本生態系協会 内
 「関東・水と緑のネットワーク」係
 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
  tel.03-5951-0244  fax.03-5951-2974(代表)
  100select (at) ecosys.or.jp
    ※ (at) は @ に、ドット(.)は半角(.)に置き換えて下さい.
  http://www.ecosys.or.jp/100select/

主催: 一般社団法人 関東地域づくり協会 / 公益財団法人 日本生態系協会