日本生態系協会

日本語English

トップページ > 参加するには? > 寄付をする

寄付をする

「孫や子どもたちに美しい自然を残したい」そんな思いをお持ちの方がたくさんいらっしゃいます。
日本生態系協会は、みなさまのご支援をいただきながら、その思いを確実に届けるために、ナショナルトラスト活動をはじめ、 美しい自然を守り育て、自然と共存するまちづくりに向けた活動を行っています。


当協会は公益財団法人に認定されています。 当協会にご寄付いただいた方は、税制上の優遇を受けることができます。

ゆうちょ銀行
店名:〇一九店
預金種目:当座預金
口座番号:656324
口座名義:公益財団法人 日本生態系協会

遺贈について

遺贈とは、遺言によって、自分の財産を特定の人に送るという相続方法の一つです。
通常の法定相続と異なり、遺言書によって財産の受取人やその内容を指定します。

「財産」の一部を自然を守るために役立てることによって、社会に貢献したいというご意志を確実に実現できると同時に、相続のトラブルを避ける有効な手段です。
当協会へ遺贈された財産は、税制上の優遇措置によって非課税となります。

りそな銀行・三井住友信託銀行と遺言信託の提携をしています

りそな銀行との提携のご案内はこちら

(りそな銀行の遺言信託を利用して、日本生態系協会に遺贈を行う場合、遺言信託の手数料が優遇されます)

三井住友信託銀行のホームページはこちら

※詳しくは、当協会事務局までご連絡ください。


公益財団法人とは

一般財団法人のうち、学術、技芸、事前その他の公益目的事業を行うことを主たる目的としている法人として内閣総理大臣又は都道府県知事から認められた団体を「公益財団法人」といいます。
この法人の主たる目的である業務に関連する寄付金については、寄付金控除等の税制上の優遇措置の対象とされています。


税制上の優遇措置について

個人または法人が当協会にお金を寄付していただいた場合、次のとおり税制上の優遇措置を受けることができます。

・個人の場合:

次のいずれか低い方の金額から2千円を引いた額が所得から控除されます。
  1)その年に支払った特定寄付金の合計額
  2)その年の総所得金額等の40%相当額

・法人の場合:

資本などの金額の0.25%と所得金額の5%の合計の2分の1までの金額が、別枠で損金の額に算入されます。

※確定申告における税控除手続きに必要な寄付証明書は、事務局にご連絡いただければ発行します。(寄付の証明には、振込用紙の控えではなく、別途、寄付証明書が必要となります。)

※詳しくは、お近くの税務署にお問い合わせください。


エコポイント環境寄付

私たちの協会は、住宅エコポイントにおける環境寄付の対象団体に選ばれました。
いただいた寄付金は、こちらの活動の資金としました。

住宅エコポイントは地球温暖化対策の推進および経済の活性化を図ることを目的として、エコ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

※平成28年1月15日でこの制度は終了しました。


■お問い合わせ■

公益財団法人 日本生態系協会

Tel.03-5951-0244

受付:平日9:00〜18:00、土曜日9:00〜15:00
 

Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved