会報エコシステム

会報「エコシステム」のインターネット版をみることができます。
会報の表紙画像をクリックするとPDFファイルが開きますので、パスワードをご入力ください。
パスワード発行には会員登録が必要です。詳細は こちら

※ホームページに掲載されている文章や画像については、無断転載を禁じています。 ご入り用の際には、必ずご連絡ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NEW !
2018年9月号
 

周りが海に囲まれた日本において、有望なエネルギー源と考えられるのが海のもつ何も力です。自然を壊さず、地域に利益をもたらす再生可能なエネルギー源として、波力発電の技術開発を進めていく必要があります。(1.17MB)

■ 持続可能なエネルギー戦略

■ 海という貴重な資源

■ 波力発電をめぐる課題

■ 波力発電に関わる国の支援

■ 地産地消エネルギーで地域活性化

■ 賢い海の利用を
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年7月号
 

コンクリートの堤防に1兆4000億円、これが日本の復興。自然との共存、それが世界の復興です。(1.79MB)

■ 海岸線に延びるコンクリ−トの防潮堤

■ グレーインフラでは将来世代の暮らしを守れない

■ コンクリートが好きな日本人

■ 津波災害からの復興と再建

■ 自然を取り戻す世界の沿岸

■ 宝の海と生き続ける
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年5月号
 

自分の翼だけで、壮大な旅を続ける渡り鳥。その貴重な鳥たちの生息地を打ち壊した日本。干潟、草地、森の再生が今、求められています。(1.73MB)

■ 世界の環境を見ている渡り鳥

■ 7割が渡り鳥

■ 狭まる生息環境

■ 渡り鳥が求める自然環境

■ 欧米における国境を越えた取り組み

■ 世界共通の財産を守る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月号
 

桜は日本の春の代名詞的な存在ですが、将来のまちに本当に必要とされるのはサクラ 並木ではなく、さまざまな在来の植物によって取り戻された自然の生態系です。(1.85MB)

■ 画一性より多様性

■ お花見も多様に楽しむ

■ 大量植栽が生みだす問題

■ 自然との共存を目指した並木

■ 在来種によるエコロジカル・ネットワークを
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年1月号
 

自然再生を進めるうえで問題となる「法律にもとづく規制」を改革する方法の一つとして、 国に対し直接提案を行うことができる「特区制度」は、有効なしくみです。(1.51MB)

■ 自然がつくりあげた私たちのくらし

■ 減っていく自然、減っていく湿地

■ 求められる「農地を自然に戻す」考え

■ 湿地を再生する「生態特区」を

■ 地方創生の基盤は自然再生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年11月号
 

人口減少を迎える今こそ、くにづくり、地域づくりの基盤となる自然を、自治体が買い取り、 自然再生することが大切です。(1.34MB)

■ 人口が減ることはいいことも、困ることも

■ 持続可能なまちづくり

■ 個性豊かで持続可能なまちへ

■ 自治体による土地の買い取り

■ まちづくりの土台は地域の自然
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バックナンバー
No.1-10
 No.11-20  No.21-30  No.31-40 No.41-50 No.51-60 No.61-70 No.71-80
No.81-90 No.91-100 No.101-110 No.111-120 No.121-130 No.131-140 No.141-150
No.151-160

Copyright(C)2012 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved