日本生態系協会

日本語English

トップページ > 協会の活動 > 国際シンポジウム


■「子どもたちに“自然の力”を」

 

クリックするとPDFが開きます。

 


■「生きものを守り、活かす観光」

 

クリックするとPDFが開きます。

国際シンポジウム・フォーラム

毎年、国内や海外からゲストを招いて、先進的な取り組みを紹介するシンポジウムなどを開催しています。

国際シンポジウム 

幼稚園・保育所・認定こども園 子どもたちに“自然の力”を

 自然は、衣食住をはじめとする様々なものを私たちに与えてくれる、なくてはならないものです。そして保育や幼児教育でも、自然が身近にあることにより豊かな感性や思いやる心が育まれるなど、子どもたちの健全な発達に欠かすことができません。国際的に、持続可能な社会を目指して、“自然の力”を活用した人づくりが積極的に進むなか、日本ではまだ多くの問題や壁があるのが実情です。そこで、保育や幼児教育の場で“自然の力”がより一層活用されることを願い、各方面から専門家をお招きしてこのシンポジウムを開催いたします。

※このイベントは終了しました。

※ 本シンポジウムの詳細や講演録のダウンロード・お取り寄せ方法などは、こちら
   



国際フォーラム 多様な生きものを守り、活かす観光

〜地方の思いと地域経済の発展〜 

 昨今耳にする「インバウンドの取り組み」。日本は、「自然」「伝統」など観光振興に必要な条件がそろっています。とりわけ、四季が織りなす美しい自然や生きものの豊かさは、海外からの旅行者にとっても価値あるものです。こうした観光資源を海外の方々に魅力的に見せる仕組みを充実することで、地域経済の活性化が進み、その利益で自然を守り再生するという好循環が可能になります。そこで、アメリカなど各方面から専門家をお招きして、『多様な野生の生きもの』と『観光』をテーマに、自然や生物多様性を守り、持続可能に活用することを通じた地域経済の発展を考えるフォーラムを開催します。

※このイベントは終了しました。

※ 本フォーラムの詳細や講演録のダウンロード・お取り寄せ方法などは、こちら
   

過去の国際フォーラム
国際シンポジウム2018
「幼稚園・保育所・認定こども園 子どもたちに“自然の力”を」
国際フォーラム2018
「多様な生きものを守り、活かす観光 〜地方の思いと地域経済の発展〜」
国際フォーラム2015
「地方創生に求められるもの」 〜 地域と世界を結ぶ 〜
国際フォーラム2014
「かわっていく大都市」 − 東京・北京・ニューヨーク −
国際フォーラム2013
「グレーインフラからグリーンインフラ」 強靭なくにづくりに向けて
「グレーインフラからグリーンインフラへ」 経済・社会が持続する美しい地域づくり(in札幌)
国際フォーラム2011
「 復興から見える新たな日本の創造」 全国どこでも起こる大災害
国際フォーラム2010
「生物の多様性と経済の自立」 健全な自治体への挑戦
国際フォーラム2009
「世界が注目する生物多様性」 新しい自治体のあり方
国際フォーラム2008
「世界の都市(まち)は変わる」−川の再生と洪水・生きもの・やすらぎ−
国際フォーラム2007@
「ナショナル・トラストの新たな挑戦」−市民・企業・議員そして行政の役割−
国際フォーラム2007A
「おもしろい公園 行きたい公園」−かわっていく世界−
国際フォーラム2006
 「人口が減る時代の新しいまちのかたち」
国際フォーラム2005
「新時代へ向かう世界、たたずむ日本」
  新しい政策シュリンキングポリシー




Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved