日本生態系協会ECO-JAPAN

日本語English

トップページ > 協会の活動 > ビオトープの保全

学校ビオトープづくり支援

学校・園庭ビオトープを新たに設置または、拡充・改修する取り組みを助成します。

公益財団法人 三菱UFJ環境財団は、平成11年(1999年)から、環境教育事業の一環として、専門指導員を有する団体と連携し、環境学習やESD、アクティブ・ラーニング、幼児教育や保育の場として欠かせない学校・園庭ビオトープの普及を進めています。みんなで一緒に考えて汗をかく取り組みを積極的に支援しています。



1.支援対象先・支援件数・1件当たり支援金額

支援対象先: 全国の保育園・幼稚園・こども園、小学校、中学校の中で、(公財)三菱UFJ環境財団が過去支援していないこと
支援件数: 年間最大5件
1件当たり支援金額: 上限25万円
新設先及び改修先を問いません。

※資金使途は、整備作業に必要な資材・消耗品等の直接経費のみ。機械等の購入費や交通費・人件費・飲食費等の間接経費は対象外となります。また、工事委託などは全体で合計5万円までとなります。
※助成期間中に計画内容が変更になる場合は必ず日本生態系協会までご連絡ください。




2.応募方法

以下の書類を、公益財団法人日本生態系協会 ビオトープ助成金担当 宛ご送付下さい。
・申込時(全支援申込先): 支援申込書、計画図面 整備予定地の写真 等
・完成時(支援決定先のみ): 実施報告書、竣工図面、整備途中及び完成時の写真、領収書 等

「支援申込書」「実施報告書」は、定型様式をダウンロードして作成して下さい。
  PDF 形式はこちら(「支援申込書」「実施報告書」
なお、ご提出頂いた書類は返却致しませんので予めご了承下さい。




3.選考方法

(公財)日本生態系協会からの推薦に基づき、(公財)三菱UFJ環境財団の選考委員会で決定します。
選考結果は、全支援申込先に文書でご通知します。なお、選考理由に関するお問い合わせには、応じ兼ねますのでご了承下さい。




4.選考基準

・学校ビオトープ整備の必要性
・具体的な整備計画の内容
・生物多様性の質的向上の工夫
・児童生徒をはじめ保護者・地域住民等の複数の主体と連携協働した実施体制
・持続的に管理を行う体制




5.応募期間

平成30年5月15日(火)〜6月15日(金)(消印有効)
※決定は平成30年9月中旬
※選考された場合、平成30年4月1日から助成決定日までの取り組みも助成対象になります。




6.支援助成金の支払方法

支援助成金は、学校ビオトープが完成し、(公財)三菱UFJ環境財団が実施報告書を受領後、お支払います。実施報告書は、平成31年3月8日(金)必着で(公財)日本生態系協会まで、ご提出下さい。




書類送付先

公益財団法人 日本生態系協会 三菱UFJ助成係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20音羽ビル
Tel:03-5951-0244
E-mail : ufj@ecosys.or.jp

お問い合わせ先
公益財団法人 三菱UFJ環境財団
〒105-0014 東京都港区芝2-4-3 三菱東京UFJ銀行芝ビル
Tel:03-5730-0337

詳しくは公益財団法人三菱UFJ環境財団のホームページをご覧ください。
https://www.muef.or.jp/muef/kankyo-hozen-seibi-jigyo/school-biotope/menu-biotope-annnai

Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved