HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

不景気が続くと

アベノミクスが、話題になり一部の大企業では景気がよくなってきています。 しかし、それは首都圏だけの現象で地方では相変わらず不景気の風が吹いています。 インフレ政策に、増税が加算されて消費は落ち込んでいるのが今の日本です。 先行きが見えないままの、景気対策ではただ物価が上昇するだけで肝心の収入はそのままです。 不景気が長く続くと、治安も悪くなり日本全体が暗いイメージになります。 簡単には、景気を上げることはできません。 見せかけのアベノミクスだけでも、景気を上げることは無理があります。 働く人が、その仕事に対しての正当な賃金を受け取れる社会にすることが大切です。 そうすれば、消費も活発に動き出します。 そして、安定した明日が見えることが重要です。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成弁護士の著書
サイト紹介 経営支配権争いを中心とした会社訴訟・非訟において多くの著名事件を成功に導く。 OMM法律事務所におきましては、このような私の弁護士としての強みを最大に活かした法務サービスの提供を行います。 2015年『Q&A平成26年改正会社法〔第2版〕』(金融財政事情研究会)、『内部統制システムの法的展開と実務対応』(青林書院)。 大塚和成氏が関わった案件では、21LADY(名証セントレックス)おける委任状争奪戦(上場企業の株主総会において創業者社長の再任議案が否決された事例・提案株主側)(2018年)。 2004年〜2017年『ダイジェスト金融商事重要判例〔平成15〜27年版〕』(経済法令研究会)。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。